「ツナガルベンチ」への参加のお願い

「ツナガルベンチ」への参加のお願い

木に関わる仕事をしている仲間が、木にまつわる、なにか新しいムーブメントを起こせないか、
そんな中で、浮かび上がったのが、この企画です。

 昨今のきびしい情勢の中、少しでもみんなが寄り集い、何かを共感し、次の場につなげていく、
そんな場所を提供し、地域の特産である「木」をPRすることを、「ベンチをつなげる」というイベントにしてみました。

 ことの起こりは、コンセプトのキャッチ・コピーにあるように、
「何か、こう、ダァーっと、繋げてみたら面白いんじゃないか」
と思ったことです。

 ひとりではなく、仲間うちだけでもなく、もっとみんなで何かできないか、
それが木製品を皆でひとつずつ持ち寄り、
「集め」、「繋げ」
という案に発展し、
「ベンチ(小長椅子)」
やってみたらどうだろう、ということになりました。

 ベンチの素材としては、「桧」「杉」「栗」の3種類
 デザインは、木造建築の継手(つぎて:縦方向の繋ぎ方)としてよく見かける、「つなぐ」というイメージ性が高い「アリ継ぎ」の継手で各ベンチをつなぐことを考えました。

まずは、来年(2013年)5月の「つけち森林の市」にて

 予約・当日販売したベンチをイベント会場内に、事前に計画をした配置で、

誰でもすわってよいベンチとして展示、

 イベント終了後は参加者がそれぞれのベンチを持ち帰り、日常で使って頂き、
さらに

このイベントを再来年まで継続して行うことで、

再来年(2014年)の「つけち森林の市」では、参加者が再びベンチを持ち寄り集って、「ギネスブック」に「世界一長いベンチ」としてみんなで挑戦する

ことを目標にしたいと考えています。

 ベンチには番号を打ち、個人の所有物でありながら、記録挑戦の一部であるというご理解をお願いし、参加者が共通の目的に向かうという一体感を持つとともに、同じデザインで

「ひとそれぞれ」の1脚を持つという「共有感」を持ち寄る機会
 
が生まれたらと思います。

 ただその場で繋げるだけでなく、この場所が想い出となり繰り返し訪れていただけること、またベンチをつなぎ続けるのと同様に、
「ひと」と「ひと」、
「ひと」と「場所」、
「ひと」と「事」
が「つながりつづける」ことにこのイベントの結論が見いだされると考えています。

 ぜひ、
ゴールデンウイークに行われる「つけち森林の市」での
2年にわたって行われるこの企画で、
ベンチを一緒につなげていただき、
ベンチに一緒に座っていただき

この企画を盛上げていただきますよう、ご賛同、ご参加をお願い致します。

                  ---「つながるベンチの会」一同---



 
by tsunagarubenchi | 2012-10-17 20:14 | 企画
<< 「つけち全国レディース・クラフ... 「つけち森林の市」への参加が決... >>