カテゴリ:企画( 11 )

ツナガルベンチHP、始動。

 「ツナガルベンチ」のホームページが運転開始です。  
     http://tsunaben.jp/
 HPからも当ブログにリンク致します、双方からのアクセスよろしくお願い致します。

 さて、ツナゲルツナゲルと連呼していますが、実際にはどこでどうやってツナゲルのか?
 また、当のベンチはどこにあるのか? 
 「つながるベンチの会」で、ようやくその相談が始まりました。


 ひとりひとりが1個ずつベンチを持ち寄り、ツナゲて、ツナギ合った人達とツナゲた気持ちを共有し、また次の機会にはベンチを切符替わりに、また持ち寄ってツナゲて、、、。

a0299898_2243129.jpg


 どこかで誰かのベンチに偶然会うかもしれない、どこかの家に同じベンチが置いてあるのを目にするかも知れない、誰かがベンチの話をするのを耳に出来たら、知り合った誰かがベンチを持っていたら、、、。

a0299898_2237316.jpg



 ベンチというひとつの座る道具が、たくさんの人の心を繋げて、ふたつでも、みっつでも、また繋げて、壊れたら直して繋げて、、、。


a0299898_22394193.jpg


 なんか、、こう、、ダァーっと、、つなげたい、、、と思ったのは、そういったことがなんとかして出来ないかなぁと思ったからです。

 
a0299898_22462671.jpg


 この企画を実現させる為には、参加して頂ける方に、「持って」「集まって」「また集まって」と、大変ご足労をお願いすることになります、もちろん、どうしても行かれないという方には、我々が代行してツナゲルことも可能ですが、出来ることなら、その場所に居て、ツナゲて頂きたいと心から思っています。

 HPでは御参加の申し込みを開始致しました。 参加費をお支払頂きますと、来年2013年のゴールデンウィーク、5/3(金)、4(土)、5(日)に、岐阜県中津川市付知町の道の駅「花街道付知」で行われる「つけち森林の市」会場にて「ツナガルベンチ」をお渡しします。5/4(土)には集まったベンチをツナゲるイベントを行います。 更に、御参加頂けた方はまた翌年2014年の「つけち森林の市」にベンチを持ち寄ってお集り頂き、再度ベンチをツナゲ、2年越しの企画の成果を参加された皆さんの手で作り上げて頂こうと考えています。
 参加についての基本的な考えは以上の通りです。 
 参加についてのご意見、ご希望は真摯に承りたく思っています。当ブログのコメント欄、もしくはfacebookの「ツナガルベンチ」のページにコメントを頂けますよう、どうぞよろしくお願い致します。
[PR]
by tsunagarubenchi | 2012-11-27 23:21 | 企画

中津川中山道六斎市点景。

 過日の「中山道六斎市」での写真です。
a0299898_11301853.jpg

a0299898_11303884.jpg

a0299898_11311863.jpg

a0299898_11331499.jpg

a0299898_1133589.jpg

a0299898_1134783.jpg

a0299898_11352789.jpg

a0299898_1136595.jpg


 大勢のひとが集まり、楽しそうにしている中に、ベンチが加われることは本当にうれしい。
 こうして、ただ、置くだけで、その先のご案内がまだまだですが、少しずつ「ツナガリ」をつけていきたいと思っています。
a0299898_1136860.jpg

[PR]
by tsunagarubenchi | 2012-11-15 11:41 | 企画

つながるコメンテイター。

 昨日の記事にはfacebookでもたくさんのコメント有り難うございました、今朝「ツナガルベンチ」を主催する「つながるベンチの会」の首脳陣が会談したようですが、コメントに大変力づけられ、次ぎなる方向の骨子が相談されたようです。

 コメントを求める、とよく言われますが、みなさんから寄せて頂いたコメントは、まさに我々が求めていたものでした。
 我々がやりたいことの方法や手段、廻りにある事柄を肯定して頂きたかった訳では決して無く、皆さんと一緒にやりたいんだけど、どう?的な問いかけだった訳です。

 本当に色々御意見ありがとうございました、全ての御意見に感謝、そして「うん、うん、」

 最後にメールにてコメントを下さった、働く主婦の方のコメントを御紹介、

「昨日はコメントができずにすみません。いろいろご意見が出ましたね。さすがギネス、いろいろ規定があるんだなあと。どなたかもコメントされていましたが、つながるベンチメンバーが増える、毎年続ける、そのことが必然的にギネスになるんじゃないかなあ?と昨晩、主人と話していました。
『つながる』が目的なのか『ベンチ』が目的なのか?私の個人的な意見としては『(時間的にもベンチの距離的にも)長くつながる』ことが目的だといいなあと思っています。例えば今から30年、毎年同じ日にベンチを持っていけたらこの先楽しいだろうなあ・・・。」

 素敵なコメントですねぇ、本当に仰る通りだと思います。

a0299898_1427586.jpg



 このようにして「ツナガルベンチ」は紆余曲折しながら、「ツナガル」ことに向けて一歩一歩進んで行きます。  
 こうしたウロウロも「ツナガルこと」へのプロセスだと認識し、皆さんに発信しながら、御意見を伺いながら、プロセスを積み上げたく、是非さらなるご声援をお願い致します。
[PR]
by tsunagarubenchi | 2012-11-14 14:27 | 企画

Longest Bench

 「つながるベンチの会」会長より緊急召集がかかりました。
 「ツナガルベンチ」はベンチを持ち寄って繋げようという企画ですが、同時にそれをより盛上げる為に、英ギネスブックに長くつなげるベンチとして挑戦はできないかという模索もしていました。
 順を追って段取りを進め、ギネスブックと連絡をとってくれる団体も見つけ、そこに企画趣旨を説明して、待つこと数日、、そのギネスブックとの仲介をしてくれるところから連絡が来ました。

 先ずは、現在の記録保持物.
a0299898_15185771.jpg

a0299898_15191243.jpg

a0299898_15194417.jpg

a0299898_15201430.jpg


 これはスイスで記録されたベンチです、実にいい雰囲気、材は松でしょうか、背もたれのシャレを思わせるディティールも効いています。写真をもう一度撮ったので画像の悪さはご容赦を。


 そして、ギネスブックに挑戦する「longest bench」としての定義。
a0299898_15223770.jpg


 この定義の、2.と、4.が問題なのですね、、、。ご存知のように我々のベンチには背もたれがありません、そしてイベントで組み立てても翌日にはバラして皆で持ち帰ってしまいます。
 つまり、「背もたれが無い」、「最低30日は静置できない」ベンチはギネスブックの「最も長いベンチ」には挑戦できない、ということなのです。 

 今日の緊急会議では、それならばどうしようか、という議論をしたのですが、事務方からは「背もたれを付けて、30日についてはそれなりの対応で、、」という意見が出ました。我々も何か方法は無いものか、色々と意見を出しました。 そして議論半ば、会長が一言、
「この記録は大変素晴らしいと思う、環境も材料も、ここへ行けば自分も喜んで座り、この記録を作ったひとを褒め讃えるだろう。 が、しかし、俺たちはこういうベンチを作りたい、繋げたいわけでは無い、この記録を定義に従って追い越すということには意味を感じることは出来ない。我々はみんなでつなげたいのだから。それならば、もう一度、我々のベンチが本当に挑戦できないものかどうかを、しっかりとギネスブックもしくは仲介してくれるひとと協議して、説明をしてみたらどうだろう。」  僕もこの意見には即座に賛成、他の会員も同様でした。
a0299898_15434887.jpg


 こういった、「木」を使った企画には、我々は今まで、何となく忸怩たる思いがあったのです。
 それは、「間伐材の有効利用」だとか、「地域の活性」という名目のもと、所謂「環境整備」、「ランドスケープの構築」といった事業には、その場限りのモノ作りや、公共事業的な、仕事を作る、といった感じの、木材業者や木工業者、建築大工ではなく土建業者などが行う「木の仕事」がたくさん見受けられていたからです。直接例を挙げてはいけないのですが、僕らの地域での事業に「モクモク大作戦」といったような名前の事業がありました。国道脇のコンクリートブロック造の傾斜法面に間伐材の丸太を取付け木壁を作り温暖化対策や景観美化に役立てるといった主旨であったように記憶していますが、その意図が的確に機能し恩恵があったかは残念ながら、無かったと言うべきでしょう。失敗は仕方ありませんが、それを繰り返すことは無意味です。
 僕は正直に言うと、先のスイスでのギネスブック記録の写真を見た時、我々がこれを、この地で、この定義で行うならば、第二の「モクモク大作戦」になり兼ねないという不安にかられました、多分、他の会員も少なからず同じ気持ちだったと思います。

 さて、そんなことを議論しながらベンチをつなげる企画は進んで行きます。
 どうか、これをごらんの皆さんにも御意見をお寄せ頂きたいと思います。
 facebookにもリンクしています。どうぞ、いいね!だけでなく、是非コメントを、シェアを心からよろしくお願い致します。
 
[PR]
by TSUNAGARUBENCHI | 2012-11-13 16:10 | 企画

中津川観光センター「にぎわい特産館」で常設展示が始まりました。

 JR中津川駅並びの「にぎわいプラザ」(旧FCエコー中津川店)の1階にある、「にぎわい特産館」。
 中津川観光協会が運営する地域特産品の総合展示フロアです。
a0299898_0234286.jpg


 平日でもかなりの賑わい、JRを利用の方のみならず、駅前の短時間無料駐車場からのお客様もいらっしゃいます。色々なお店の栗きんとんの詰め合わせ「栗きんとんめぐり」のセットや、
a0299898_0263851.jpg


 そのバラ売りバージョンも、
a0299898_027452.jpg

まるで、百貨店の和菓子売場の様相です。

 さて、ここに「ツナガルベンチ」を常設展示致します。
a0299898_0355816.jpg


 中津川と言えば栗菓子の街、栗の板で出来た「ツナベン」の試作模型をここに展示し、栗のお菓子と共に、その板の味わいも体感して頂こうという趣旨です。
a0299898_0364527.jpg


 どうぞお近くを通りの際はお立寄り下さい、見て、触って、座って(ちょっとぐらぐらしますが)、栗のお菓子と一緒に、お楽しみ頂けたら幸いです。
[PR]
by tsunagarubenchi | 2012-11-09 22:19 | 企画

中山道でもつながります!

 中津川・秋の中山道六斎市で「ツナガルベンチ」を展示しました。
a0299898_054457.jpg

a0299898_063374.jpg

a0299898_062480.jpg


 やはり街道沿い、長くつらねるものにはピッタリのロケイションです。
a0299898_08316.jpg


 facebookに朝、書き込みをしたら、それを読んで見に来てくれた方も居ました、感激!!
a0299898_091964.jpg


 まだまだお子さん達がベンチと戯れる写真など、後日アップします、乞うご期待!
[PR]
by tsunagarubenchi | 2012-11-04 22:00 | 企画

お詫びです。

 お詫びと訂正のお知らせです。

 本日、「つけち全国レディース・クラフトフェア」会場入口にて午前中10:00〜11:00ころまでに
配布した「ツナガルベンチ」の参加呼びかけのチラシの中で、「ツナガルベンチ」ブログのアドレスの
スペルが間違っておりました、持ち帰られた方、お詫びのしようすもありませんが、本当に申し訳ありません。
間違ったアドレスで検索頂いてもここには来れないので、本末転倒ですが、せめてお知り合いの方で御苦情を耳にされたら間違いですと御進言お願い致します。

文中、http://tsuneben.exblog.jp/となっている部分、これではツネベンなのですが、

正しくは、http://tsunaben.exblog.jp/です。

 これからたくさんの方々にご賛同をお願いしていく、ドしょっぱなでのこのミス、どうかお許しください。
 
 ハチマキを締め直して鋭意努力致します!
[PR]
by tsunagarubenchi | 2012-10-20 14:10 | 企画

「つけち全国レディース・クラフトフェア」会場でのデモンストレイション。

 今年で20回の開催を重ねる「つけち全国レディース・クラフトフェア」の会場入口で、「ツナガルベンチ」の紹介をさせていただけることになりました。

 「つけち全国レディース・クラフトフェア」は、文字通り、女性のクラフト作家の皆さんが作品を持ち寄り展示・販売されるイベントで、今年は10/20(土)・10/21(日)に、「つけち森林の市」と同じ会場 道の駅「花街道付知」で開催されます。 

 「つけち全国レディース・クラフトフェア」http://www.takenet.or.jp/~h-to-h/title.gif

 道の駅「花街道付知」
a0299898_1843969.jpg
a0299898_184258100.jpg


 駐車場から会場への入口辺り、「付知峡ひのき建築協同組合」の展示場前付近に、「ツナガルベンチ」の試作模型を展示します。
 レディース・クラフトフェアへ来られる予定がお有りの方、ちょっと、どんなものか見てみたいという方、お時間のある方はぜひご覧になって下さい。

 展示はこんな感じかな、まだ当日迄はどうなるものか判りませんが、是非、お越し下さい。
a0299898_18571716.jpg

[PR]
by tsunagarubenchi | 2012-10-18 18:59 | 企画

「ツナガルベンチ」への参加のお願い

「ツナガルベンチ」への参加のお願い

木に関わる仕事をしている仲間が、木にまつわる、なにか新しいムーブメントを起こせないか、
そんな中で、浮かび上がったのが、この企画です。

 昨今のきびしい情勢の中、少しでもみんなが寄り集い、何かを共感し、次の場につなげていく、
そんな場所を提供し、地域の特産である「木」をPRすることを、「ベンチをつなげる」というイベントにしてみました。

 ことの起こりは、コンセプトのキャッチ・コピーにあるように、
「何か、こう、ダァーっと、繋げてみたら面白いんじゃないか」
と思ったことです。

 ひとりではなく、仲間うちだけでもなく、もっとみんなで何かできないか、
それが木製品を皆でひとつずつ持ち寄り、
「集め」、「繋げ」
という案に発展し、
「ベンチ(小長椅子)」
やってみたらどうだろう、ということになりました。

 ベンチの素材としては、「桧」「杉」「栗」の3種類
 デザインは、木造建築の継手(つぎて:縦方向の繋ぎ方)としてよく見かける、「つなぐ」というイメージ性が高い「アリ継ぎ」の継手で各ベンチをつなぐことを考えました。

まずは、来年(2013年)5月の「つけち森林の市」にて

 予約・当日販売したベンチをイベント会場内に、事前に計画をした配置で、

誰でもすわってよいベンチとして展示、

 イベント終了後は参加者がそれぞれのベンチを持ち帰り、日常で使って頂き、
さらに

このイベントを再来年まで継続して行うことで、

再来年(2014年)の「つけち森林の市」では、参加者が再びベンチを持ち寄り集って、「ギネスブック」に「世界一長いベンチ」としてみんなで挑戦する

ことを目標にしたいと考えています。

 ベンチには番号を打ち、個人の所有物でありながら、記録挑戦の一部であるというご理解をお願いし、参加者が共通の目的に向かうという一体感を持つとともに、同じデザインで

「ひとそれぞれ」の1脚を持つという「共有感」を持ち寄る機会
 
が生まれたらと思います。

 ただその場で繋げるだけでなく、この場所が想い出となり繰り返し訪れていただけること、またベンチをつなぎ続けるのと同様に、
「ひと」と「ひと」、
「ひと」と「場所」、
「ひと」と「事」
が「つながりつづける」ことにこのイベントの結論が見いだされると考えています。

 ぜひ、
ゴールデンウイークに行われる「つけち森林の市」での
2年にわたって行われるこの企画で、
ベンチを一緒につなげていただき、
ベンチに一緒に座っていただき

この企画を盛上げていただきますよう、ご賛同、ご参加をお願い致します。

                  ---「つながるベンチの会」一同---



 
[PR]
by tsunagarubenchi | 2012-10-17 20:14 | 企画

「つけち森林の市」への参加が決まりました。

 つけち森林の市(つけちもりのいち)は、当中津川市付知町の「道の駅 花街道付知」を会場に、毎年ゴールデンウイークの5月3、4、5日に行われる「木」のお祭りとも言えるイベントです。
--本年5月の「つけち森林の市」の模様 http://www.takenet.or.jp/~t-mokkou/moriichi/title2.jpg--
 「つながるベンチの会」では、このお祭りにツナガルベンチの企画を持込み、参加を許可して頂きました。
 「つけち森林の市」は、来年(平成25年、2013年)の5/3(金)、4(土)、5(日)に開催予定です。
 細かな日程はまだ未定ですが、この最終日にベンチを繋げたいと考えています。
 当日、イベント会場のみならず一部会場外までを含めて、ベンチをツナゲ、みんなで座り、誰でも座り、長いベンチを共有したいと思います。
 それぞれのベンチに名前を書いたり、自分なりの色を着けたり、ひとのベンチと見比べてみたり、展示の間には、お祭りの各ブースを廻り、展示されている木製品や、食品などを御高覧頂ければうれしい限りです。どうぞよろしくお願い致します。
a0299898_17104370.jpg

---写真はプロトタイプです---
 
[PR]
by tsunagarubenchi | 2012-10-16 22:50 | 企画